洋館ぐらし
ハウスメーカーではご満足されないお客様へ、マスプロダクツの規格住宅では得られないビストロのような味わいの家。欧米の伝統的デザインに流行を取り入れた、人生をこころ豊かに楽しむための上質な暮らしをご提案します。

K邸納屋ガレージが完成。ロケット工法の魅力

昨今完成したK邸納屋ガレージ新築工事をご紹介します。K様よりご依頼頂いた納屋ガレージは、以前に在った古い納屋を解体し建て替えした新築工事です。既存の基礎を残し、それを利用して上物を建築しました。

よく見かける納屋ガレージといえば、鉄骨構造のものが一般的ですが、当社は木造をお勧めします。その理由は、木造ラーメンフレームのパイオニアであるプレカットメーカーと提携していて、その卓越した技術を採用しています。ロケット工法と呼ばれる木造集成材の梁や柱や土台にロケット金物(鋳造製接合金物)を用いて接合する工法です。

この工法の特徴は、耐震工法として高い強度を有していること。同種の他社の工法と比べても、最高級の総合評価を得ている抜群の信頼性があります。特に当社福島事務所はあるエリアは、東日本大震災で多大な震災の被害を受けているので、特に耐震性はユーザーに最も高い要求条件となっているのです。

もうひとつは、住んでいて木の温かみを感じられるということです。鉄骨造りだと冷たい印象を持ちますし、木造住宅の母屋と鉄骨納屋を並べた場合、なんか異質な雰囲気があります。どんなに母屋が立派でも鉄骨ガレージと一緒では見栄えがパッとしない。一体感を感じられないデメリットがあると感じています。また、通常の木造軸組み工法では、大きなスパン(間隔)を取ることは困難です。ですから、間口が小さくなる、若しくは壁が必要になってしまいます。なにかセセコマシイ印象をもち、使い勝手も悪い。

以上の理由、母屋との一体感、耐震性、木造りの温かさ、車3台以上も収納できる等、いくつもの利点から木造ラーメンフレームを採用しています。写真にある正面の間口はユウに7m以上あり3台分の駐車が可能です。

という訳で、お客様にも喜ばれ、最近他の皆様にも大変に注目されています。(次回はインテリアを紹介します)
?Gg[???ubN}[N??