洋館ぐらし
福島県相馬市・南相馬市・新地町・宮城県山元町・亘理町・名取市・仙台市で設計・施工で本格的注文住宅を建てるなら洋館ぐらし。一軒ごとに手作りだからマスプロダクツの規格住宅では得られない味わいがあります。ハウスメーカーでは満足出来ないお客様へ、欧米の伝統的デザインに流行を取り入れた、人生をこころ豊かに暮らす上質な住まいをご提案します。

M邸の地盤改良工事に新工法「エコジオ工法」を採用

現在、木造住宅の地盤改良工事として柱状改良が一般的ですが、最近注目されている新しい工法として環境配慮型地盤改良工法として開発された「砕石パイル工法」があります。
お施主様からこの工法の調査依頼を頂き、当社でいろいろ調べてみました結果、この工法を採用している業界の仕組みを知ることができました。

この類の工法の多くは、新しい技術として本部組織の下で取り扱う代理店制度になっているようで、地盤調査結果を判断するのは本部の評価およびその判断基準による、というのが分かりました。つまり、フランチャイズの本部決済ということです。当社もその審査基準に合わないという理由で何回も断られました。

そして、いろいろ調べていく内に、同じ種類工法の中でも「エコジオ工法」という工法を知りました。この工法は、他社より改良を加えられている点で更に技術が進んでいると思い、調査依頼をしたところ基準内の評価を得られ、M邸ではこの工法を採用しました。

環境にやさしい砕石の地盤改良工法として、施工時に廃棄物が発生しない、地中にも人工物を残さない、更に土質による残土がでないそうです。施工中から将来にわたり「廃棄物・残土」をゼロにすることができる、というメリットがあるということです。また、将来代が変わって売却されるような場合でも、地中の柱状の固形物を撤去する必要もなく費用も掛からない。

改良工事の作業風景を見ていて、作業の重機の音も静かで近隣に迷惑を掛けることもなく、2日間の短期間で作業を終えることができました。しかも、柱状改良よりも安価でした。お施主様にも納得して頂きました。やっとこれで基礎が着工できる見通しができました。(つづく)
?Gg[???ubN}[N??