洋館ぐらし
ハウスメーカーではご満足されないお客様へ、マスプロダクツの規格住宅では得られないビストロのような味わいの家。欧米の伝統的デザインに流行を取り入れた、人生をこころ豊かに楽しむための上質な暮らしをご提案します。

M邸「M.French Bell Maison」の納屋&ガレージが完成、一体感のある重厚な建築。

最近、日中などは幾分気温も上がり春に近づいている気配を感じます。今平昌オリンピックもたけなわ、日本選手のメダルラッシュが話題になっていますね。厳冬の季節から春めいてくると、日照時間もだんだん伸びて、家づくりの機運も高まるものです。実際に基礎打ちの際のコンクリート凍害の不安も解消されてくるので、この3月辺りから基礎着工物件が徐々に増えてくるようです。

ところで、「M.French Bell Maison」は、既にお客様がお住まいになられてから約2か月を経過し、お住まいにも少しずつ慣れてきているようです。先日お住まいにご感想をお伺いしたところ、「部屋の中は暖かくて気持ちがいいです。云々」とご返事を頂きました。1階床暖房をつけているだけで、1階はもちろん温かいですが、床暖房のない2階も寒さを感じないとおっしゃって頂きました。1階の床暖房の暖気が2階にも流れる、または伝わるからでしょう。

更に、今納屋ガレージ工事が進められていましたが、ようやく完成しました。3台分のガレージスペースと4畳半程度の納屋が付帯されている「納屋付車庫」です。構造躯体は当社が得意とする木造門型フレーム、通称「ラーメンフレーム」を採用しています。当社が提携しているメーカーの「ロケット金物」で接合した日本の認定工法です。この工法の最大の利点は大きな開口が採れるので壁で支えることがなく、柱と梁で強度を確保できる点です。従って、今回のような3台分(8m弱)の大きな開口をとることができるのです。

母屋の外壁に使用した煉瓦造りをガレージにも採用し、母屋とガレージが一体感のある雰囲気に仕上げました。その為、どっしりとした外観の印象を与えています。木造フレーム(木造躯体)もマホガニー色にし、母屋と同色のカラーリングしました。外国の建築物のような印象を感じます。当初は、カーポートと納屋を別々に配置する計画もありましたが、一つにまとめたことで使いやすさと一体感のある建物にできたのです。

「洋館ぐらし」がユーザーにお勧めしているスタイルですが、質の高い風建築が実現しました。評判も良くユーザーからのお引き合いも多くなってきました。是非ご検討してみてください。
?Gg[???ubN}[N??