洋館ぐらし
ハウスメーカーではご満足されないお客様へ、マスプロダクツの規格住宅では得られないビストロのような味わいの家。欧米の伝統的デザインに流行を取り入れた、人生をこころ豊かに楽しむための上質な暮らしをご提案します。
「O.Built in Garage House」にゲーブルペディメントが納品

「O.Built in Garage House」にゲーブルペディメントが納品



「O.American Built in Garage House」では、最近ぶり返している連日の猛暑で、大工さん達が汗だくになっての現場作業になっています。時折浜から吹いてくる風がせめてもの救いです。そんなわけで、現在軒天の下地と外壁下地木工事が進められています。進行状況が今一つ確認しにくいですが、来週から外壁工事が始まる予定なので、印象が随分変わってくるのがご確認できるかと思います。

ところで、妻壁に化粧する「ゲーブルペディメント」が現場に納品されました。早速梱包から部材を出し確認しました。「ゲーブルペディメント」はアメリカ製のものを今回採用しました。
ゲーブルペディメントは、切妻と屋根の継ぎ目を覆う装飾部材で、これを使うことで外装をより豪華に演出することが出来ます。更にルーバーなどのその他の装飾部材と組み合わせることにより、住まいの外観にエレガントなアクセントを加えることができる優れものです。
ところが、使い方を間違うと、これまた不格好になったり、野暮ったくなったりするので、機能的には使用しなくても何の問題もない訳ですから、使って見栄えが半減しては本もこ子もありません。この手の装飾部材は慎重に洋館デザインを見極める必要があります。

箱から取り出し、部材を床に広げ、取付方法を現場の大工さんに説明しました。今回使用するデザインは、それほど華美過ぎないほど良いエレガントな雰囲気があります。これから様々な装飾部材を使用し、よりエレガントに、しかも上品に仕上げていきたいものです。「洋館ぐらし」としては規格住宅ではないので、その一つの建築に合わせたバランスを考える特に大事な演出になるのです。(つづく)
?Gg[???ubN}[N??