洋館ぐらし
ハウスメーカーではご満足されないお客様へ、マスプロダクツの規格住宅では得られないビストロのような味わいの家。欧米の伝統的デザインに流行を取り入れた、人生をこころ豊かに楽しむための上質な暮らしをご提案します。
「O.American House」ではプロによるインテリアコーディネートが始まる

「O.American House」ではプロによるインテリアコーディネートが始まる



今日23日は休日とは言え、私用も重なり大忙しの一日でした。現場の宮城県岩沼市と福島県南相馬市の片道約60㎞を2往復。

朝一番にクロス屋さんが現場下見に来てくれました。若い時分は東京で厳しい環境の下で修行したという腕利きの職人さんです。クロス屋さんが現場を見るなり感想を一言。「大工さんは丁寧な人だね~、見た瞬間すぐ分かったよ!」と。

職人さんを褒められることは当社を褒められることなので、正直嬉しいものです。技術のレベルというものは、職人さん同士で敏感に感じることなので、プロがプロを褒めるのは確実な評価だし、本音だとも思います。

そして、午前から午後にかけてお施主さんがご家族で現場打合せに来てくれました。今日の打合せはいよいよインテリアに関することで、東京からコーディネーターさんが駆けつけてくれました。

お施主さんとはグループラインとかで情報交換はしているのですが、今回初顔合わせとなりました。ラインでの意見交換は意思疎通に限界を感じていましたので、リアルな会話でお互いの意見を確認する絶好の機会です。

ところで、今日のインテリアの打合せとは、主に壁紙の選択です。各部屋をどのような雰囲気にしていくか、お施主さんの好みはありますが、一方では、インテリアスタイルを元に美しい部屋を演出できるか、プロがアドバイスすることによって、お施主さんの好みを引き出して更に完成度の高いインテリアにしていくことが求められます。

選りすぐったサンプルを突き合わせながら、様々な意見の交換がなされました。次第にお施主さんの気分が高揚し、お互いの気持が通い合っていくのが見て取れます。そして、Vintage Style、Factory Style、北欧スタイルなど、インテリアスタイルの専門用語が飛び交い、色や柄などの愛称などの意見を交わし的が絞られていきます。

約3時間半の及ぶ現場打合せでしたが、一つの成果を導き出していく感覚でとても充実した打合せとなりました。西洋のインテリアに精通したコーディネーターさんのアドバイスを受けれるだけでも貴重な機会だと思うのですが、一緒に作り上げていく喜びが伝わってきました。きっと、すばらしいお部屋になることでしょう!(つづく)
?Gg[???ubN}[N??