洋館ぐらし
福島県相馬市・南相馬市・新地町・宮城県山元町・亘理町・名取市・仙台市で設計・施工で本格的注文住宅を建てるなら洋館ぐらし。一軒ごとに手作りだからマスプロダクツの規格住宅では得られない味わいがあります。ハウスメーカーでは満足出来ないお客様へ、欧米の伝統的デザインに流行を取り入れた、人生をこころ豊かに暮らす上質な住まいをご提案します。
宮城県名取、岩沼、亘理で女性に人気の輸入住宅・洋風住宅とは?

宮城県名取、岩沼、亘理で女性に人気の輸入住宅・洋風住宅とは?

アーリーアメリカン・デザインの北米住宅 おしゃれなバルコニー手摺と妻飾りと玄関タイル

今日岩沼市では東北・宮城復興マラソンが開かれていました。東日本大震災の被災地である岩沼・名取・亘理の沿岸部を駆けるマラソンレースです。今回一万人のランナーが参加したそうです。

ところで、秋も深まりゆく中、今日は日曜日といえども、アメリカン・ビルトイン・ガレージ・ハウスでは作業が進められています。アーリーアメリカン調の外観が一段と鮮明になってきました。

玄関前のタイル工事、そして2階バルコニーの手摺が付きました。このバルコニー手摺は輸入品なので、洋風住宅を飾る本場の美しいデザインの手摺です。この手の日本製の手摺に比べて手摺(ハンドレール)や小柱(バラスター)や親柱(ポスト)の形状が特に美しく差別化された印象を持ちます。

ご近所の皆さんからも、「ハイカラな手摺だねー!」なんてお褒めも頂きました。注目が集まってきているのが感じられます。岩沼市玉浦集団移転地にお住まいの方々は、近年新築された方が殆どということもあり、新築住宅には特に関心が高く、常に見比べられる環境にあります。

特に、作業状況や職人さんの働きぶりは近所の方々が常に関心をもって見ていらっしゃるので、「いつも遅くまで働いているねー!」「一生懸命だねー!」「結構掛かるねー!」など、つぶさに感想を聞かせて頂いています。それに対しては、「現場造作が多いし、丁寧に造り込んでいますので…」と答えています。

最近の傾向としても、ハウスメーカーで建築される皆さまが圧倒的に多い中で、規格型建築のプレハブ組立という印象とは違う、オリジナリティといか、「大工さんが作る家」という印象が強い建築です。一般の皆さまにもとても好評です。特にご年配の皆さまにとって、従来は大工さんで造る家が一般的だったので、手を掛けた仕事はすぐに違いが分かるみたいですねー!

そのように業者の方には違いが明確ですが、一般のユーザーから褒めて頂けるのは、特に嬉しいものです。宮城県の岩沼・荒浜、名取・せきの下・閖上、亘理など沿岸地域では新築戸建て需要が活発な地域ですが、特に本格的な洋館建築や洋風住宅は殆どありません。本格的というのは「欧米の設計思想」という観点です。

ですから、一言でいうと、欧米の建築様式をもとに設計されていることと、厳選した良質の輸入建材を多用している違いがありますが、実際家が建ってみるとその違いが分かるものです。美観と高品質に優れているので、ひと際目立っています。

色彩(カラーリング
)も自由に配色しながら素材を選び塗装作業を行いますので、完全なオリジナルという印象を強くするようです。特に幅広い年代の女性に人気が高いのも特徴です。(つづく)
?Gg[???ubN}[N??