洋館ぐらし
福島県相馬市・南相馬市・新地町・宮城県山元町・亘理町・名取市・仙台市で設計・施工で本格的注文住宅を建てるなら洋館ぐらし。一軒ごとに手作りだからマスプロダクツの規格住宅では得られない味わいがあります。ハウスメーカーでは満足出来ないお客様へ、欧米の伝統的デザインに流行を取り入れた、人生をこころ豊かに暮らす上質な住まいをご提案します。

亘理岩沼で注文住宅を建てる際注意が必要な敷地調査とは?

 ■注文住宅の敷地内のライフライン。上下水道管接続桝① ■注文住宅の敷地内のライフライン。上下水道管接続桝?

現在、宮城県亘理町で計画している「H.SCANSINAVIAN VILLA(スカンジナビアン・ビラ)」の敷地調査に行ってきました。

通常、おうちを建てようかと思った時、自分たちにはどのくらいの予算が妥当なのか、資金計画をします。実際の世帯年入に対して自己資本を基に、銀行等の金融機関からどのくらいの住宅ローンの借り入れができるか、または月々の返済額を金融機関に相談します。
その総予算を立てた上で、土地購入資金、住宅建築資金、外構工事、保険・登記費用・家電・家具・引越し費用等の諸費用を入れて、それぞれの予算の配分を考えます。この適正な配分を間違えると、他の費用にシワ寄せがきて、後で難儀するものです。

例えば、通常土地を先に手当するのが一般的ですが、土地の魅力に惹かれ衝動的に購入してしまうと、建築予算が充分取れなくなり、建築規模を小さくしたり仕様グレードを落とせざるを得ない状況になったりします。ですので、住宅の規模と概算を予め把握しておく必要があります。

ところで、建築予算の中で、特に注意しておかないといけないものの一つが、上下水道の接続(通常桝と呼ばれる)が敷地内に存在しているか?あるいは、電柱がどこに立っているか?ガス管がどこを通っているか?(都市ガスの場合)ケーブルTVは使用可能か?などによって工事費用が大きく異なることがあります。つまり、ライフラインの環境です。

今日は、敷地調査の中でその辺りの状況を調査してきました。町役場が分譲区域内の宅地なので敷地内にそれらが来ているのを確認しました。ひと安心です。

そうでないと、道路を掘削して水道本管からの接続ということになり、その距離によりかなり予算が掛かるということにもなりますので、特に注意が必要です。それに、自治体の水道局の許可申請が必要になります。電気工事も同様に管区内の電力会社に申請が必要です。

予算建てをする場合、結構それらのライフラインの環境によって条件が異なり、費用も変わってきますので、予め調べておく必要があります。通常、それらの調査を「敷地調査」として建主さんが業者に依頼して行われます。

亘理町は、隣の岩沼市山元町名取市と並んで建築需要が多い地域です。しかも、平坦な土地が殆どを占める地域なので、宅地に注文住宅を建てるには良い条件が整っていると思います。

「H.SCANSINAVIAN VILLA(スカンジナビアン・ビラ)」もきっと、注目されることでしょう!(つづく)
?Gg[???ubN}[N??