洋館ぐらし
福島県相馬市・南相馬市・新地町・宮城県山元町・亘理町・名取市・仙台市で設計・施工で本格的注文住宅を建てるなら洋館ぐらし。一軒ごとに手作りだからマスプロダクツの規格住宅では得られない味わいがあります。ハウスメーカーでは満足出来ないお客様へ、欧米の伝統的デザインに流行を取り入れた、人生をこころ豊かに暮らす上質な住まいをご提案します。
H.ジョージアンブリックハウスで今日実施された固定資産税の検査とは?

H.ジョージアンブリックハウスで今日実施された固定資産税の検査とは?

 ■H.ジョージアンブリックハウスの外観。赤煉瓦とスタッコ仕上げの組み合わせ

家族3世代が暮らす家“2-Family House Project”通称「H.Georgian Bric House」の町役場による新築戸建 固定資産税家屋調査が今日行われました。「H.ジョージアンブリックハウス」は福島県相馬郡新地町内にあります。ジョージョアンスタイルらしい左右対称な均整の取れた煉瓦造りの外観。当社で今年1月完成しお引渡しを済ませたお住まいです。

この検査は、所在する役所から建主様に直接連絡があり、担当職員が出向いてきます。通常建主様が登記を済ませ、ご入居されてから間もなくして行われえる査定です。この査定により当年度の固定資産税が決められ、次年度納付することになります。

査定する役所の担当職員が図面と現物を照合し査定を行います。この査定には、契約書、建築確認済証、確認申請の図面が必要です。物件の規模にもよりますが、一般的な戸建住宅ですと、約1時間~2時間程度で終わるものです。

ところで、建主様にとっては初めての経験であり、査定される内容に関してご心配をされていたようです。それで、私もこの検査に先立ち建主様のところ書類を持参して行き、査定の概要を事前にご説明をしておくことにしました。

 ■母屋と納屋ガレージの組み合わせ。先進技術 ロケット工法の納屋

それにしても、完成より約10か月余り、庭や納屋ガレージや外構工事も完成し、全て整った豊かな居住環境になっていて、改めて感激しました。特に、このお住まいは煉瓦造りなので、重厚感があり落ち着いた雰囲気を感じます。

お施主様に「住み心地はどうですか~?」と尋ねると、「とってもいいよー!冬場も温かくて、床暖房を付けずに暮らせたよー!」というのです。これには私も驚きでした。実は、お客様のご希望でLDKに床暖房を敷設してあるのですが、使わなくても過ごせるほど温かいというご感想を頂いたのです。

やはり、当社の標準仕様の樹脂サッシ(遮熱・断熱性能)と断熱材の性能が利いているのだと実感しました。日頃お客様にはそのようにご説明をしているのですが、実際にご使用されているお客様から聞かされると、それを裏づける自信につながるものです。

帰り際、「知り合いに家を建てたいと言っている奴がいるから今度紹介するよー!」と一言。とても嬉しいお言葉を頂戴しました。
?Gg[???ubN}[N??