洋館ぐらし
福島県相馬市・南相馬市・新地町・宮城県山元町・亘理町・名取市・仙台市で設計・施工で本格的注文住宅を建てるなら洋館ぐらし。一軒ごとに手作りだからマスプロダクツの規格住宅では得られない味わいがあります。ハウスメーカーでは満足出来ないお客様へ、欧米の伝統的デザインに流行を取り入れた、人生をこころ豊かに暮らす上質な住まいをご提案します。

消費税10%に改正が決定!建築請負に関する適用は?

 ■来年10月より消費税2%引上げが閣議決定!新税率に関するセミナー

今日は税理士さんが主催する消費税に関するセミナーに参加してきました。皆様もご存じのように、来年(2019年)10月から消費税が改正になり、現行の8%から2%引き上げられ、新税率10%になることが国会で決定されましたよね!2度延期になって、今度は延期する理由も無くなり、実施されることが決まりました。3度目の正直とでも言いましょうか…。

また、それに伴い、軽減税率が導入されることも合わせて決まりましたが、食料品や新聞などに対する軽減措置も盛り込まれるため、事務処理がかなり煩雑になることが予想されています。

そこで、気になるのは、当社の事業に関係する建築業界に関してですが、軽減税率の対象にはなっていませんが、いつの時点で現行の8%から10%へ移行するのか、ということです。

今日は、建築業界における新消費税の適用時期に関して、概要をお話ししたいと思います。

他の商品と同様、建築の完成引渡し時期(=譲渡)が2019年9月30日までが現行の8%ですが、その翌日、10月1日からは10%新税率が適用されます。つまり、8%の消費税にするためには、9月末までに譲渡を済ませないといけないということです。

しかし、この業界の特殊性を鑑み、緩和策を講じられています。2018年3月31日までに建築請負契約を済ませれば、2019年9月末日を過ぎても原稿8%のままでいいということです。但し、その場合、2019年12月31日までには完成引渡し(=譲渡)する必要があります。つまり3か月猶予してもらえるということです。

住宅は金額も多額になるため、何とか現行の8%内に引渡したいものですよね!お客様も多額の税金の支払いを回避できるわけですから…。仮に、住宅購入資金が2000万円だとすると、現行であれば160万円。10%になると200万円となり、40万円余計に支払わなくてはならなくなるのですよ!この差って大きいですよねー!

40万円あれば、家電商品を新規購入したり、家具やカーテンなどにも使えるわけですから、大切な資金です。通常、契約時の請負金額より建物完成時は5%~10%程度の追加になると言われています。もちろん、この追加金額は、お客様の意向で増額要因があった場合になりますが…。

いずれにしても、最後の方は建築本体工事以外の外構工事やカーテン、家具などの費用をいかに捻出するか…、神経を使うケースにもなりがちですので、そう考えると少なくとも、消費税は現行に抑えたいものですよね-!(つづく)
?Gg[???ubN}[N??