洋館ぐらし
福島県相馬市・南相馬市・新地町・宮城県山元町・亘理町・名取市・仙台市で設計・施工で本格的注文住宅を建てるなら洋館ぐらし。一軒ごとに手作りだからマスプロダクツの規格住宅では得られない味わいがあります。ハウスメーカーでは満足出来ないお客様へ、欧米の伝統的デザインに流行を取り入れた、人生をこころ豊かに暮らす上質な住まいをご提案します。
注文住宅スカンジナビアン・ビラの地鎮祭を挙行。地鎮祭とは?の

注文住宅スカンジナビアン・ビラの地鎮祭を挙行。地鎮祭とは?の

 ■亘理町に着工する予定の「スカンジナビアン・ビラ」の地鎮祭

今日の早朝起きてみると、辺り一面雪景色となっていました。ここ福島宮城の太平洋沿岸地域では今シーズン初の降雪でしたが、今日は当社にとって大切なお客様の地鎮祭H.SCANSINAVIAN VILLA(スカンジナビアン・ビラ)」がようやく地鎮祭を迎えたのです。

「よりによってこんな日に…」なんて心配な思いもありましたが、間もなく雪は止み、天気が回復しました。早朝より、地鎮祭に使う青竹を伐採し、海岸の砂浜から砂を採取しました。祭場を囲むしめ縄や道具、または奉納する奉献酒なども一式揃えて建築現場へ運びました。

ご経験のある皆さまはご存知だと思いますが、地鎮祭について簡単にご説明します。地鎮祭(じちんさい、とこしずめのまつり)とは、土木工事や建築工事を始める前に行い、その土地の氏神を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得る。一般には神を祀って工事の無事を祈る儀式と認識されており、安全祈願祭と呼ばれたり、または土祭り、地祭り、地祝いとも言われたりするそうです。

この儀式には斎主となる神主さんを呼んで祈願してもらいますが、建設業者・設計者・施主らの参列の上で執り行います。式のなかで床鎮めの義、鍬入れの義、鋤入れの義も執り行われます。祭場の中央に祭壇を置いて、酒・水・米・塩・季節の野菜・生魚(鯛)等の供物を供えます。

また、地鎮祭の所要時間は、神主さんによっても変わりますが、通常30分程度です。儀式が終わってから、お神酒を参加者全員で頂き、最後に挨拶をして終了となります。

よくお施主様から聞かれるのは、初穂料または玉串料がいくらなの…?ということですが、その土地の相場の違いはあると思いますが、この辺りでは1万円から2万円が相場です。玉串料は最後にお施主様にお渡しします。

 ■式の最後に参加者全員で記念撮影

今回は、お施主様をはじめ、双方のご両親がご参加になられました。滞りなく式が無事終わりました。そして、式の最後に参加者全員で記念撮影をしました。新居を構える、人生の中でも貴重な時です。

式が終わってから、粗品を用意し近隣の挨拶周りをお施主様と一緒に行いました。工事を通し、工事の騒音や車両の往来等でご迷惑をお掛けするようなことが生じた場合の配慮です。お互い様とは言っても大切な礼儀です。(つづく)
?Gg[???ubN}[N??