洋館ぐらし
福島県相馬市・南相馬市・新地町・宮城県山元町・亘理町・名取市・仙台市で設計・施工で本格的注文住宅を建てるなら洋館ぐらし。一軒ごとに手作りだからマスプロダクツの規格住宅では得られない味わいがあります。ハウスメーカーでは満足出来ないお客様へ、欧米の伝統的デザインに流行を取り入れた、人生をこころ豊かに暮らす上質な住まいをご提案します。

スカンジナビアンビラで使用された、違いが分かる高性能断熱材

 ■亘理町の注文住宅「スカンジナビアン・ビラ」に使用された高性能断熱材の施工

 ■現場に合わせて切断するので隙間なく充填することができる

今日の世間を騒がせた一大ニュースが、あの大相撲稀勢の里の突然の引退だったですねー!今場所昨日まで3連敗と、見ていても目を覆うような負け方で、引退を思わせる取り組みでしたので、もしかしたらと思っていたところでした。

19年ぶりの待望の日本人力士の誕生でしたが、とても残念ですねー! でも、引退会見で「横綱として皆様の期待に沿えられないことは、非常に悔いが残りますが、私の土俵人生において一片の悔いもございません」との涙ながらの言葉がとても潔く印象的でした。

横綱といえども、怪我の休場で9連敗するほど力が落ちるものなのかと、勝負の厳しさを感じました。どんな勝負の世界も勝ち続けることの難しさは同じかもしれませんねー!今後後輩に期待ですねー!

ところで、今日、宮城県亘理町の「H.SCANSINAVIAN VILLA(スカンジナビアン・ビラ)」では、床断熱材の敷き詰め作業を行いました。建売住宅なんかですと、まずこのような作業をお客様が目にすることはないと思いますし、注文住宅でも断熱材の違いまで見比べることは殆ど無いかもしれません。

使用する断熱材の種類によって当然、部屋の暖かさは違ってきます。ごく一般的には、硬質ウレタン系の断熱材「スタイロフォーム」が使用されていますが、当社では更に高断熱性に優れた断熱材を標準的に使用しています。

成分は古紙と水発泡で成形されるもので、環境に配慮した性質があり、1棟当たり。CO2排出量を1/2~1/4に削減し、燃焼時に有毒ガスを発生しない。更に、断熱性能長期間維持できます。

土台または根太に敷き詰める作業をしている写真を添付しましたが、開口寸法に合わせて現場でカットするので、隙間なく充填することができます。しかも、厚みが80㎜もあるので断熱性が断然高くなります。(一般的にはスタイロの厚み50㎜程度)

このように高気密・高断熱と一言でいっても、一つひとつの素材がどのようは品質を持っているかによって、その効果が表れるものですねー!もちろん、住み始めて快適性にも差がでてくることでしょう!(つづく)
?Gg[???ubN}[N??