洋館ぐらし
福島県相馬市・南相馬市・新地町・宮城県山元町・亘理町・名取市・仙台市で設計・施工で本格的注文住宅を建てるなら洋館ぐらし。一軒ごとに手作りだからマスプロダクツの規格住宅では得られない味わいがあります。ハウスメーカーでは満足出来ないお客様へ、欧米の伝統的デザインに流行を取り入れた、人生をこころ豊かに暮らす上質な住まいをご提案します。
今流行している「ストライプ」インテリアにも個性的アクセントに!

今流行している「ストライプ」インテリアにも個性的アクセントに!

 
 ■最近流行の豊富なストライプ柄、インテリアに使用することで素敵な演出ができます

最近、昨年春夏からファッション界で流行している模様に「ストライプ」があります。街中で目にすることが多くなったとされるストライプ。今日は「ストライプ」の話しをします。

そこで、一言で「ストライプ」といっても、いろいろな柄があり、それぞれに名前がついているんだそうです。皆さんごぞんじでしょうか?

柄や色によってイメージが変わります。この「ストライプ」柄は、ファッション界だけではなく、私共の戸建住宅の業界でもインテリアなどによく使われます。ストライプの選び方で雰囲気もかなり変わるものです。

この「ストライプ」ですが、一説によると、縦縞を「ストライプ」と呼び、横縞を「ボーダー」と呼ばれますが、それは厳密には間違いで、縦縞も横縞も「ストライプ」というのが正しいそうです。例えば、シマウマなども縦縞とは限らないですが、「ストライプ」というんだそうです。

ですから、ボーダーとは、英単語?border”のことで、「ヘリ」「縁(ふち)」「境界」「国境」を意味し、横縞(よこしま)の意味はないんだそうです。よく便せんや賞状などのヘリや縁を飾る直線ではない、いろいろな模様は英語でボーダーというそうです。

話しは戻り、この「ストライプ」ですが、それぞれの模様に特色があります。例えば、「アイビー・ストライプ(Ivy stripe)」はイギリスのレジメンタル・ストライプをモチーフに、アメリカ東部で独自にデザインされた縞模様。赤・茶・紺などの色で構成されています。

また、「オンブレ・ストライプ(Ombre stripe)」はフランス語で「濃淡をつけた」という意味で、濃淡のぼかしを繰り返す柄のこと。「かすれ縞」「ぼかし縞」とも呼ばれます。

また、「ロンドン・ストライブ(London stripe)」は白地に太めの縞が等間隔に並んだ縞。ロンドンの紳士が好むシャツ柄というのが名の由来。強い印象を与えることから、ストロング・ストライプとも呼ばれるそうです。

その他にもいろいろな柄がります。見たことがあっても実際の名前までは知らないというのが普通ではないでしょうか。どちらかと言うと、伝統的な柄という印象が強く、それぞれに名の由来があるようです。

だからこそ、その由来や歴史、そしてその意味を知ったうえで壁紙柄を選んだりすると、それまた特徴的で個性的なインテリアになるのではないでしょうか!
?Gg[???ubN}[N??