洋館ぐらし
福島県相馬市・南相馬市・新地町・宮城県山元町・亘理町・名取市・仙台市で設計・施工で本格的注文住宅を建てるなら洋館ぐらし。一軒ごとに手作りだからマスプロダクツの規格住宅では得られない味わいがあります。ハウスメーカーでは満足出来ないお客様へ、欧米の伝統的デザインに流行を取り入れた、人生をこころ豊かに暮らす上質な住まいをご提案します。
お住まいを飾る外構と植栽の魅力!

お住まいを飾る外構と植栽の魅力!

 ■外構工事のブロック積み作業をしているところ
 ■玄関アプローチのスロープと乱形石張り
 ■コニファー「エメラルド」の植え込みが完成した庭

最近久しぶりに岩沼市のアーリーアメリカン・スタイル・ハウス「O.American Built in Garage House」に訪問しました。昨年11月にお引渡しを終えお客様が既にご入居されています。お引渡しをされる時にお約束していた外構工事を進めています。

建物の敷地内に玄関アプローチ、外周にブロック積み、植栽工事などです。建物の西入りのアプローチは、床にコンクリート仕上げと一部アクセントに石灰岩の乱形石張りにしました。道路と敷地内には500㎜程の高低差があります。道路からビルトインガレージ内に侵入できるように円弧を描くようななだらかなスロープに仕上げました。

また、敷地外周には約500㎜の高低差の土留めになるよう化粧ブロックを回しました。時々ブロックには配筋はしてありますか?と質問されることがありますが、当然のことですが、ベースコンクリートを打設する前に配筋をします。今回3段のブロックを積みましたが、ブロックの穴にも配筋が通っています。ですので、配筋の心配はありません、と説明しています。

最後に植栽工事ですが、今回南面と東面の一部にコニファー系の「エメラルド」という植栽20本の植え込みを行いました。

コニファー
とは、よく皆さんもご覧になられていると思いますが、針のような葉っぱをした針葉樹全体の総称です。深いグリーンから黄緑のような明るい色のものもあり、コニファーガーデン生垣など、花のある植物を引き立たせる脇役としても好まれます。また、クリスマスツリーとしても利用されることがあり、洋風の庭には欠かせないといっても良いほどです。

中でも「エメラルド」は写真にある通り円錐形の割合丈夫なコニファーで、生垣には向いていると言われています。また、季節によって色が変化します。春から夏にかけては光沢のある鮮やかなグリーン。秋から冬にかけては、ベージュがかった色に変化していきます。枝葉からはトロピカルフルーツのような柑橘系の香りを放つ特徴があるそうです。

今回植栽を選ぶにあたり造園屋さんと協議しました。どこにどのような植栽を配置するかによって家を引き立たせる要素が変わってきます。なんと言っても、植物なので、その性質をよく知らないと枯らせてしまったりする恐れがあります。今回第一段階の植栽となりましたが、今後別の種類の植栽や花を植えこむことで雰囲気が更に良くなります。

幸いなことにアーリーアメリカン・スタイル・ハウス「O.American Built in Garage House」では、敷地に充分な広さがあるので、家の格式を増すようにどのようにでもアレンジできそうです。造園屋さんは白石市でとても人気のある会社です。社長さんの人柄も良く、親切に相談に乗ってくれるので、お客さまにも安心してご紹介できます。造園屋さんとのパートナーシップで仕事を一緒に進めています。今後多様な庭の実例ができることを楽しみにしています。
?Gg[???ubN}[N??