洋館ぐらし
福島県相馬市・南相馬市・新地町・宮城県山元町・亘理町・名取市・仙台市で設計・施工で本格的注文住宅を建てるなら洋館ぐらし。一軒ごとに手作りだからマスプロダクツの規格住宅では得られない味わいがあります。ハウスメーカーでは満足出来ないお客様へ、欧米の伝統的デザインに流行を取り入れた、人生をこころ豊かに暮らす上質な住まいをご提案します。

白石市「笑顔の里」プロジェクトで農家撮影会が開催

 ■白石市の蔵王山麓のオーガニック農業の農家

 ■農家の大家族と近所のご友人を招いてのランチ会

台風の被害が連日報道されている通り、甚大な被害をもたらしました。被災された皆さまに衷心よりお見舞い申しあげます。爪痕が今でも鮮明に残っています。

今日は打って変わって巨大台風19号も去り青空が広がり陽気に包まれています。現在進めているプロジェクト「笑顔の里」の仕事で白石市に行って来ました。

行き帰りの道すがら目にする光景は、台風の被害の様子。特に被害が大きかった丸森町では、一級河川の阿武隈川が決壊し、濁流が川岸から溢れ出た様子が残る樹木や草むらがなぎ倒された、いまだ水没した街の様子、住民の皆さんの泥掻作業、路肩に重ねられた家財道具や布団など、被害の大きさを物語っています。

ところで、プロジェクト「笑顔の里」では、今日オーガニック農法で栽培されている生産農家を訪ねました。ホームページに掲載する写真撮影会です。

白石市市街地から蔵王山の方へ約5キロ登っていくと蔵王山の中腹辺りにこの生産農家があります。小高い丘から見渡す景色は里山の姿をそのままに、美しい農村一帯が一望できます。

この山麓の気候が美味しい野菜造りには適しているそうです。ナス、キュウリ、カボチャ、ピーマン、リンゴなど、沢山の種類の野菜や果物が栽培されていました。

農家のオーナーのお話を伺うことができました。何年もかけて土壌や気候に適した栽培方法を研究してきたんだそうです。しかし、良い作物が出来ても昆虫や野鳥やハクビシン、イノシシなどの獣に作物を荒らされたりしてきた苦労を話してくださいました。

農家の方々のそれこそ血のにじむような苦労があって、良い作物の収穫に結びついていると思うと、尊敬と感謝の気持ちに変わっていきます。

大きな庭にテーブルを並べ、農家のご家族や近所の仲間たちが集まってきて、それぞれのお母さんたちが手作りの自慢の料理が、テーブルの上に所狭しと並べられました。ご家族が中心になって、老若男女みんなが食を囲み、コミュニティが生まれる。そんな、理想の暮らしを求めて「笑顔の里」がスタートします。
?Gg[???ubN}[N??